佐世保高1同級生殺害事件のあった長崎県。「命の教育」の見直しが指摘されるなか、雲仙市の教諭の“暴言”で騒ぎになっている。
問題が起きたのは今年6月下旬。40代の男性教諭が、授業参観の道徳の授業前に3階の教室で男子児童らとゲームをしていたときのことだ。

「授業の直前の休みの間に緊張をほぐすため、ゲームをしていたそうです。すでに保護者10人くらいが教室に集まっていました。教諭が<先生に勝てますか>と問うと、男子児童のひとりが<勝てます>と答えたため、教諭は<勝てなかったら、窓から飛び降りてもらおうか。冗談だけど>などと言ったそうです。その場に居合わせた男子児童の保護者が、<不適切じゃないか>と注意し、教諭はすぐに謝罪して、後で校長らに<大変なことをした。なんでこんな発言をしたのか分からない>と泣いて反省の弁を述べたと聞いています」(市教育委員会担当者)

 
img_0 (1)

■文書訓告処分


 本人は軽い気持ちだったのだろうが、佐世保高1同級生殺害事件の影響なのか7月31日に結局、文書訓告の処分を受けている。

 問題を大きくしたのは、この男性教諭が2004年に佐世保市で起きた「小6女児同級生殺害」の時の担任を務めていたことだった。あの時の担任が「窓から飛び降りてもらう」と言ったことで、騒ぎに拍車がかかった。一体どんな人物なのか。

 前出の市教育委員会担当者が言う。
「普通の人。これまでに暴言など、問題行動の報告を受けていません。ただ、当時の事件のトラウマを今も抱えている。心身にストレスがあり、定期的に病院に通われているようです」

 気の毒な境遇でもある。

 

人気ブログランキングへ