2年前に、知人とツーリングに出かけたときの話なんだけど、奈良から西名阪を走って、伊勢神宮を参拝して、尾鷲方面に行ったんだけど、知人が海岸沿いを走るより、山越えで距離が短縮できると言うので、彼の後ろをついて行くんだが、山中で道に迷い、携帯の電波も入らない農道をひたすら走っていた。

しかし、道が舗装されていたので、いずれどこかの国道にでも出るだろうと、さほど気にもせずに走っていたんだが、途中で舗装もされていないひどい悪路になった…

時計を見ると、午後2時を少し過ぎた程度だったので、引き返すのも面倒だし、行ける所まで行こうか?と話をして、対向車すらすれ違わない道を駆け抜ける。

続くranking 



芸能裏話

blogramランキング参加中!

30~40分も走った頃に、小さな集落があり、道沿いに一軒の酒屋があったので、水分補給のつもりで店の前に停車した。

停車して、レトロな雰囲気の店を覗き込むと誰もいないので、大声で"すいません!"と連呼すると小学生くらいの男の子が店の奥から顔を出して、こっちを見ていた。

その時、子供と目が合ったんだけど、何とも言えない悪寒と直感的に"逃げなきゃ"って気持ちになった。友人も何かを感じていたらしく、自分の腕を引っ張って、店の前に出た。

店の前に出て、周辺の家屋を見た時に完全に血の気が引いた。酒屋の家の左右と向かいに3軒の家って、よく見ると完全に廃墟だった。

当然、2人とも全速力でUターンして引き返したけど、何だったんだろうか?と今でも思う。単車に長時間乗っていて、フルフェイスのヘルメットを被っていたから、廃村と思わなかったんだろうか?

しかし、酒屋の店内を覗いた時、廃墟ではなく、田舎に行くとたまにある様な、昔の雰囲気の店で、人もいた。