sox13_05

大学生だった4年間、寝ている女友達のおっぱいを何度か揉んだことがある。
そいつは同じ学科のR子という同期で、たまに一緒にレポートやったりする仲だった。
乳がデカくて気さくな性格。 俺は大学1年の頃からの彼女がいたんだけど、そうじゃなければ狙っていたかも知れない。
最初の話は2年の夏、R子とその友人、俺の3人でレポートを一緒にやった時のこと。
完成したのは午前5時で、提出期限は当日正午。
一番大学に近い俺の部屋で仮眠することに。
女2人は即爆睡したが、俺1人は男の本能のせいで目が冴えていた。
軽く体を揺すったりして、起きないことを確認しつつ、R子の胸に手を伸ばす。
あれほど神経を張り詰めた経験は初めてだったと思う。 (ちなみに友人の方はブサいので放置。)

最初は服の上から軽くタッチするだけだったが、全くもって起きる気配がないので、腹側から服の中に手を突っ込む。 が、ブラジャーの隙間に指が入らない。
ホックを締めたブラがあれほど窮屈なものだとは知らなかった。
結局その日は、かろうじて生乳を指でプニるのが精一杯。
あんなに爆睡していたのだから、もっと大胆に攻めれば良かったと後悔した。

しかし再チャンスは案外早くやってきた。


本文の続きを読む

【エロ注意】女友達の巨乳と格闘した結果wwwwwww